祈りと実践

 

 

 

幸せの星たちの訪問ありがとうございます。

 

幸せの星たちは、

悩み苦しむ人たちを 救うために

祈りを中心に

既存の宗教では救われない

人々を救うのが目的です。

 

 

 

祈りと実践を日々の暮らしに中に取り入れています。

 

厳しい修行から何も見出すことも出来ない。

真理を多く学んでも宗教心の強化にはほど遠い。

必要なのは祈る事であり、只ひたすら祈ることにより、

精神の安定に繋がり

智慧と勇気と力が授けられる。

 

 

輪廻転生

人は死を恐れるけど

何故に死を恐れるのか?

 

人々は一度も死の世界に踏み込んだことが無いと言うのに、

人々は死を恐れる。

 

それは輪廻転生にあるのです。

 

何度も輪廻転生を繰り返すうちに、

死の世界の恐ろしさを霊魂そのものが知っているが為に、

死を恐れるのです。

 

死後の世界が苦しく、

そのあまりにも苦しい記憶は、

貴方の霊魂に刻まれているため、

死を恐れるのです。

 

 

誰でも死にます。

そして、霊地獄で苦しみます。

余りの苦しみ悲しみは生きている人の魂に悪さをします。

これが俗に言われる霊が取付く現象です。

取付かれた悪霊をそのままにしていると、

普通の生活にも支障が出ます。

取り付いた悪霊を取り払いましょう。

 

その悪霊を取り払うには、

祈りが大切です。

祈りにより悪霊を取り払いましょう。

 

 

 

俗に言われる、あの世とは現実には無い世界です。

(便宜上あの世と表現しています。)

 

あの世と言う世界は宇宙を無視する事になります。

あの世を想定せずとも広大な宇宙を考えれば、

全てがあの世に属する事に成ります。

 

神は、あの世の世界を特別に創造していないのです。

神が創造したのは、

広大な宇宙です。

広大な宇宙には想像を絶する星々があります。

そこには人の霊が無量大数と存在します。

我々地球にも何十億と言われる人が存在します。

それから推測すると地球にも何十億の霊が浮遊している事に成ります。

 

天国なる星は広大な宇宙に存在することになります。

 

 

 

霊は地球に住む人と現実を共存しています。

我々の周りは霊が浮遊しているのです。

我々から霊が見えないだけです。

 

 

動物霊が存在すると言われます。

ここでハッキリ言います。

動物霊は存在しないのです。

人間以外にも動物霊が存在すれば地球には、

無量大数の動物霊が存在することになります。

人間の霊しか、地球には存在しません。

 

0.1ミリ以下の受精卵に何億と言われる遺伝子が組込まれている様に、

見えない霊魂にも何億と言われる記憶が刻み込まれています。

 

人の肉体に霊魂が入ったとき記憶は大部分消え、

普通の生活の中で、

新たな記憶が刻まれます。

肉体が滅びて霊魂だけが残ると、

前世の記憶が蘇ります。

 


これが輪廻転生です。

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

 


生き方 ブログランキングへ