成功と幸せを勝ち取る

2016年03月05日 22:06

 

 

 

富を得るのは罪ではないが、

富を得る為に人を押しのけ欺いて、

人を陥れ傷つけ富を得ることに問題がある。

 

 

考えると「運」が悪かったなどと嘯く割には、

他人の拝み敬う神をも否定する。

運のせいにする割には神を否定する矛盾に、

何故かそこに成功、幸福は見出すことが出来ない。

デキる人はベストを尽くすが、

最後に神に祈る。

 

神を鑑みず自分の努力の成功で、

幸福を勝ち取ったような錯覚をを犯す。

その人達に言える事は、

己の力に過信して取り返しのつかない

失敗、不幸を最後に招き入れている事実が見える。

 

 

有名な大学を出て、

大都市の長になった人間が、

自分の高慢さも知らず、

上から目線で世間を見下し、

結局自分が辞職せざる得ない自体に堕ちても、

「何で俺がこんな目に」と、自分の行為を省みず、

他人の陰謀だと自己反省どころか、

逆恨みにも呆れ返る人間。

 

 

人事を尽くして天命を待つという言葉があるように、

何をするにも正しき神を敬い拝む人は、

成功、幸せに慢心しない。

 

つまり成功、幸福に驕り高ぶることがないので、

成功、幸福は自ずとやってくるのと、

何代と続くとも言える。

 

家族、親戚、親、子供、子孫、などの、

成功や幸せを望むなら、

真実なる広大な宇宙の神。

神を敬い拝む事が大切である。

 

神の伴わない努力、成功は、

最後には恐ろしい病魔や、

骨肉などの泥沼の争いとなり、

悲惨な結果ともなる。

 

間違えた宗教から、ひと時も早く離れなさい。

 

妨げは執着心である。

 

執着心は自分自身も周りの人も駄目にする。