霊の世界

 

死後の世界と言えば少しおかしい言い方だけど、

特別に死後の世界が地球上に設けられているわけではない。

幼虫がさなぎに変わり、さなぎが蝶に代わるような感じで、

幼虫から見た世界、蝶から見た世界が違うように、

肉体を介しての魂から見た世界、霊から見えた世界の違いだけである。

 

全て地球の中の世界であり特別な世界ではない

 

我々の周りに霊が浮遊している、

霊は新たな肉体に入り込もうともがき苦しんでいる。

受精した時点で霊は肉体に結合して魂となる。

 

輪廻転生の繰り返しである。

 

目を閉じてみて現代から遡ってゼロ歳の記憶まで辿り着き、

今度は母親の胎内にいた時の記憶を辿ってみると、

胎内の記憶を覚えている人が案外多い。

 

それは暗闇の中、明かりがボンヤリ見え母親の鼓動までも思いだし、

もっと記憶が鮮明な人は、

母親が何か行動起こした時の記憶をも思い出せる。

 

その後、霊の時期まで思い出せる人もいる。

 

でも、、、、

霊の時期は苦しい事ばかりであるので、

中々思い出せない。

思い出すのが苦痛であると言った方が正しい。