性に関する話

宗教界全体を見回すと大概に性はタブーとされている。
それが神の教えだと、独身を貫いている人もいる。
 
性を悪として、
とらえている考も、かなり浸透しているのも事実である。
 
しかし、
神が与えたものに不可解と言うものはない。
 
性は神が人に与えた喜びであり、
愛する者が性を通してお互い結びつくのも自然であり、
男と女が一つになることも神は良しとしている。
ほかの動物の様に子孫繁栄の為の行為だけではない。
 
 
確かに、姦淫を犯す者、
 
つまり不倫、情欲を抱く者、不自然で不純な性的行為等は罪である。
 
 
愛する者が一つになることは神は悪としていない。
たとえ婚姻届なくしても、
愛する者が結ばれることは良しとしている。
 
婚姻届は神との契約ではなく、
人が決めた契約である。
 
しかし、
人が決めたものでも疎かにしてはならない、
 
社会的に承認されたことを守るのも大切である。