幸せの星たち

神の意図(すべての題目をクリックすれば見やすいです)

2016年07月29日 01:32

 

幸せの星たち。

 

 

 

合掌は、

尊敬、畏敬を表し、

または、

感謝、祈り、謝罪をも含み、

苦しい、悲しい、辛い、

怒りなどの、

ネガティブな感情をも抑え、

心を穏やかにする魔法の行動でもある。

 

何も考えずに、

人が居る居ないに関係なく、

合掌することで、

みずからの霊魂や失った大切な人々の霊魂を、

鎮めることにも繋がります。

 

合掌の習慣により、

死をの恐怖も取り払う事ができるので、

日々の生活で忘れずに行ってください。

 

祈り

広大な宇宙の神ヤッハーアラーバーの、

名を呼び求める者が救われる。

今は新たな時代である。

そしてイエス様・お釈迦様の御名において。

全ての人が日々争い無く平和に暮らせますように

まなぶんおぶこうぜん。

愛汝文御舞神全)

 

 

 

 

神の導きに気が付いたことがあれば、

気軽に何でもお問い合わせください。

日々のストレスの解消だけの愚痴だけでもよろしいです。

この集いが少しでも人々の役に立てば幸いです。

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
これは宇宙の始まりであり。

 

神が定めた法である。
 

全ての始まりは神により、
 

全ての事柄は神による。
 

宇宙の全てが神の意識の中にあるように、
 

地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。
 
それゆへに、

 

人の善悪も神の意識の中にある。

 
 
 
貴方が、

 

広大な宇宙の創造主を捉える時、
 

小さな五感では捉えるのは難しことである。
 

5感、6感と全ての感を働かさなければ、
 

中々神の姿を捉える事が出来ない。
 
宇宙の創造主、万物の創造主である神は、

 

宇宙そのものであり、
 

我々人間は、
 

神の意識の中に存在する。
 

神と人間は切り離せないのです。

 

私たちは神の一部です。
 

自然も神の一部です。

 

 

 

地球は奇跡の星

 

地球は奇跡の星と言われますが、
 

地球のあらゆる国々を見渡すと、
 

奇跡の星というより、
 

地獄なる星と言う事がよくわかります。
 

自然の猛威、
 

戦争、飢饉、災害、数えたらきりがない。
 
貧しい子供たちが、

 

幸せも知らずに苦しみを受け死んでいるのです。 
 

決して、
 

奇跡の星でも何でもないのです。
 

奇跡な星と捉えている人は、
 

周りの世界を見ていないだけです。
 

他人の不幸にも関心が無く、

ただ自分の事しか考えないエゴ的な、

人間とも言えます。
 

大部分の人がそんな考えをもってして生活しています。
 
 
地球は宇宙の中の牢獄と捉えたほうが解りやすい。

 

人の霊魂が宇宙を彷徨っている時、
 

何かしら罪を犯し、
 

神の逆燐に触れ、
 

この地獄なる地球に閉じ込められたのです。
 

何十億人とも言われる人の霊魂が、

 

罪を犯し罪を償う場所として、
 

地獄なる星に閉じ込められているのです。

 
 
悪で富んだ人々は、

 

いつの日か神の裁きにより滅びます。
 

悲しみ苦しみを受けても、
 

正しき神に身を捧げる人は、
 

神の恵みに授かります。
 

真理なる神に身を捧げ、

 

神に帰依して生きる事が大切です。

 

 

明神公約

2016年07月29日 01:25

 

 

 

 

神のメッセージを伝えています、

 

 

私達が何かをしよとすることは、

本質的に幸せを得ることであるが、

幸せとは中々つかめない事です、

金、名誉、地位あらゆる物質的なものや、

快楽的なものを得ても長くは続かないものでもあり、

本当の意味での幸せを得るということは、

修養することで得た幸福感が大切で、

修養とは、

徳性をみがき人格を高める事で、

苦しみもありますが、

それを達成したことの満足感の繰り返しが、

幸せをふやしていくのです。

道徳を重んじ信心深く日々に感謝し、

1日何度もありがとうと言える事が幸せな人生です。

辛いと思う時でも、

幸せを感じ取るように心がければ、、

幸せはおのずとやってきます。

 

 

 

 

神の警告

2016年07月09日 16:41

 

 

 

 

神に選ばれた人間であり、

神のメッセージを述べ伝えています。

貴方がこの章を見開いたのは、

決して偶然ではなく神の導きによります。

 

その導きは単なる偶然であると、

この章を閉じることは、

神の大切なメッセージを燃えさかる炎に、

投げ捨てているのと同じ事です。

 

神は貴方を燃えさかる炎から救い出そうと努めていますが、

貴方自身、

自ら炎に飛び込んでしまうのです。

 

この章が、

真実でないと思えるのは、

貴方の心が悪霊に侵されている、

証でもあるのです。

 

 

この章は真実です。

この章が真実でないと思うなら、

この章を閉じて自分の燃えさかる心の炎に、

投げ捨ててみてください。

 

これから先、

貴方の霊魂は悪霊に侵されるでしょう。

 

神から離れた貴方の心に悪霊は住み着き、

貴方の人生に悪い影響を与えるでしょう。

 

もし貴方が間違えた宗教を人々に伝えているなら、

他の人をも苦しめていることになるので、

なおさら罪は重く、

死後の世界までも災いを受ける事になる。

 

この章は神の警告でもある。

何度も何度も警告しているが、

最後の警告にならないためにも、

しっかりと、

神の御言葉を心に刻みつけられることを、

願うばかりである。

 

 

 

 

 

神の御使いと救世主

2016年06月22日 15:09

 

 

 

神のメッセージを人々に宣べ伝える。

 

真理を述べ伝えて、

誤った人々の進む道を正すために、

神のメッセージを述べ伝えています。

 

人々は真なる神の声を聞こうとしない。

現代社会の騒音に流され、

偽りの神の声に傾き、

真の神の声を聞ことせず、

偽りの幸せを追い求める内に悩み苦しむ

 

 

 

 

人々は謙虚に

神の御言葉を正しく聞き分け、

現世の短い、

苦しみ悲しみを乗り越えることによて、

新たに永遠の幸せが授かるのです。

 

 

地球地獄牢で悩み苦しみ疲れている人々の、

霊魂の浄化が、

1日でも早く進まるように、

神の御言葉を正しく聞き分け、

正しい行いを心がけられることを願っています。

 

 

何度も言うが、

人々は神の御言葉を聞き分けません。

この地球地獄牢獄が、

益々地獄の道を辿ることに、

神は決して良しとしていません。

 

あらゆる人間の欲の欲。

富裕層と貧困層との格差社会。

人種差別、宗教差別、数えたら切りが無い、

暴力と暴力のぶつかり合い、

自然崩壊からくる気候変動、

怒りとも言える噴火、地震。

人災なるテロ、紛争、代理戦争、

そして大国と大国の全面的な戦争。

最後に愚かな人間の行き着く先は、

核戦争でもある。

世界を見渡すと刻々と、

それらが迫ってきていることが、

日々の生活の中からも知ることができる。

 

 

 

核戦争は、

このまま行くと必ず来る。

それを止めるためにも多くの人々が気がついて、

神に帰依して、

悪魔なる悪霊の手先にならず、

真の神の声の姿を見出す必要があります。

 

これから先、

偽救世主や偽宗教家が現れ、

人々を尚一層混乱させる。

混乱した人々は、

偽の神にすがみつき、

偽の神の名の下、

子供、女、老人などの弱い人々を惨殺していきます。

 

偽救世主や偽の宗教にすがみつく人々は、

個人の利害損得で判断し、

地獄などのありもしない地獄を設け人々を恐怖に陥れ、

自分らの信じる宗教に有利に導こうとする、

人々を尚一層、おとしめいれる。

 

 

真の救世主や真の宗教を見つけるためには、

個人の利害損得を捨て、

純粋無垢な気持ちで見つける事が大切であります。

色々な情報に惑わされず、

確かな目で真理を追い求めてみることが大切です。

 

 

神を信じ祈る

2016年06月07日 07:42
 

 

 
 
 
 
 

心を強化し、

献身的に人々に仕え。

神に帰依し。

明き心でこの世を過ごせば、

天国なる星に導かれし。

魂が自由に解き放たれ、

幸せな日々を過ごせし。

 

人の魂は神の意識の中に存在。

それゆへ、

人の善悪も神の意識の中にあり。

日々の正しい祈りは神に届き。

祈りこそ神と人の結びである。

そして感謝の気持ちで、

「ありがとうございます」

を、

何度も発すれば心豊かになれり。

 

 

新たな夜明け

2016年05月07日 14:07

 

 

 

 

 

人は何度も輪廻転生を繰り返しています。

生まれては死に、生まれては死に、

何度も輪廻転生を繰り返しているのです。

 

輪廻転生の意味は,

霊魂の成長のため、

霊魂の浄化の進化を促すためにも、

神が人々に与えた試練でもあります。

 

 

人の霊魂は、

輪廻転生を繰り返す内に

浄化され、

進化が始まる事になりますが、

中には進化が止まる霊魂もあります。

それは、

この世の悪から離れられなくなり、

この世の享楽に溺れ、

何度も輪廻転生を繰り返しても、

進化が進まない霊魂もあります。

 

 

 

分かりやすく説明します。

ここにガラス玉があります、

表面に泥が取り付いた状態は

悪が取り付いた汚れで、

ガラスの中は綺麗ですが、

表面に取り付いた汚れが悪霊とたとえ。

その汚れを取払えば良いのですが、

中々この世の物質世界の魅力に取り憑かれ、

汚を落とせないでいるのです。

 

 

世の中を見渡しても、

悪で栄えた栄華は殆ど消えています。

その事を歴史上知っていても、

事実を無視して、

人々は、

悪に染まり富を増やすことに、

人生を割き、

他人の物を盗んだり、

人を傷つけたり、

人をおとしめいれたり、

一時期の幸せを掴むための、

悪は尽きないのです。

 

神は全ての人が、

輪廻転生を繰り返すことで、

霊魂の浄化の進化を願っているのです。

 

 

悪で富は築けます。

しかし、

悪で富んだものは歴史上、

見渡せば、

殆ど崩壊しています。

 

 

これは神の御言葉です。

真理なる御言葉です。

善行を行えば善行が返ってくる。

悪行を行えば悪行が返ってくる。

 

因果応報は、宇宙の法則であり、

神の法則なのです。

 

富を得るのは罪ではないが、

富を得る為に人を押しのけ、あざむいて、

人をおとしめ傷つけ富を得ることに、

問題があるのです。

 

 

 

 

 

死後。

霊魂の世界は確実にあります。

浄化により進化を遂げた霊魂は、

この狭い地獄なる地球より、

霊魂が自由に宇宙に解き放たれて、

貴方の愛した人達とともに、

広大な宇宙の中の、

天国なる星々で、

争いごともなく、病気もなく、

喜び合うことになるのです。

 

しかし、

浄化されない霊魂は浮遊霊となり、

生きている人の周りを浮遊します。

 

浮遊している状態で霊魂は苦しみます。

浮遊している時、

生前の悪い行いが蘇り、

その悪い行為に対して自責の念で悩み苦しみます。

生きている我々も自責の念で悩み苦しむ時があります、

浮遊霊の霊魂の苦しみは、

ひとつひとつが詳細に蘇るので地獄となるのです。

 

生きている時に悪から離れて、

正しい神に帰依して、

悪霊に取り憑かれないように、

日々の暮らしに気をつけて、

生活してくださることを、

祈ります。

 

宇宙の始まり

2016年04月25日 14:51

 

 

 

 

 

闇の中に微かな光があった。

光は徐々に大きくなり、

闇をおいかさぶった。

光が闇に勝った。

 

 

これは宇宙の始まりである。

 

全ての始まりは神により、

全ての事柄は神による。

宇宙の全てが神の意識の中にあるように、

地球の僅かな塵さえ神の意識の中にある。

それゆへに人の善悪も神の意識の中にある。

 

広大な宇宙は神である。

意識を有する神である。

 

神の存在を信じ祈れば、

何の不安もあるまいし、

過ぎ去った過去の煩わしさも消え去り、

来る未来に希望を受けて、

今を生きることに感謝の気持ちを抱く。

 

どんな苦難、災難が増そうとも、

信じ救いを求める者は、

救い救われる。

 

 

神は全ての人の希望であり、

 

この世に無駄なものはなく、

不必要な人もない、

 

小さな命も広大な宇宙に繋がっている。

全ては神の縁で結ばれている。

 

祈るとき。

全ての人が罪を悔い改め、

全ての人が穏やかで平和に暮らせるように。

 

憎しみのあるところに愛を、

悲しみ苦しみのあるところに喜びを、

絶望の闇の中にいる人に希望を、

全ての人に恵みと幸せがあるように。

今日に感謝を、

ありがとうございます。

 

「まなぶんおぶこうぜん」

愛汝文御舞神全

(完了しますように、そのようになりますように、そうなりますように、

まことしかり)

 

 

成功と幸せを勝ち取る

2016年03月05日 22:06

 

 

 

富を得るのは罪ではないが、

富を得る為に人を押しのけ欺いて、

人を陥れ傷つけ富を得ることに問題がある。

 

 

考えると「運」が悪かったなどと嘯く割には、

他人の拝み敬う神をも否定する。

運のせいにする割には神を否定する矛盾に、

何故かそこに成功、幸福は見出すことが出来ない。

デキる人はベストを尽くすが、

最後に神に祈る。

 

神を鑑みず自分の努力の成功で、

幸福を勝ち取ったような錯覚をを犯す。

その人達に言える事は、

己の力に過信して取り返しのつかない

失敗、不幸を最後に招き入れている事実が見える。

 

 

有名な大学を出て、

大都市の長になった人間が、

自分の高慢さも知らず、

上から目線で世間を見下し、

結局自分が辞職せざる得ない自体に堕ちても、

「何で俺がこんな目に」と、自分の行為を省みず、

他人の陰謀だと自己反省どころか、

逆恨みにも呆れ返る人間。

 

 

人事を尽くして天命を待つという言葉があるように、

何をするにも正しき神を敬い拝む人は、

成功、幸せに慢心しない。

 

つまり成功、幸福に驕り高ぶることがないので、

成功、幸福は自ずとやってくるのと、

何代と続くとも言える。

 

家族、親戚、親、子供、子孫、などの、

成功や幸せを望むなら、

真実なる広大な宇宙の神。

神を敬い拝む事が大切である。

 

神の伴わない努力、成功は、

最後には恐ろしい病魔や、

骨肉などの泥沼の争いとなり、

悲惨な結果ともなる。

 

間違えた宗教から、ひと時も早く離れなさい。

 

妨げは執着心である。

 

執着心は自分自身も周りの人も駄目にする。

 

 

 

地球の役割

2015年07月02日 21:41

 

 

 
 
 
 
 
 
地球はけして奇跡の星でもない。
地球は宇宙の牢獄と捉えた方が解りやすい。
地球を地獄の牢獄と捉える事で,
苦しい人生を歩む意味が手に取るように分かります。

 

 
地球は天国なる星でもないのです。
宇宙の中の狭い牢獄であります。
70億人近くの人々の霊魂が神の怒りに触れ、
最後の悔悛の場としてこの狭い地球に閉じ込められているのです。
それ故に人間は苦しみから抜けられないでいるのです。
 
 
人の霊魂は、
広大な宇宙を楽しむみ喜ぶために、
悪なるもの善なるものに出会い、
霊の進化を伴いながら広大な宇宙を彷徨い、
神のもとへ近づく、
霊魂の浄化は大切である。
浄化され清められた霊魂が進化の過程を経て、
再び狭い地球から霊魂が解き放たれて、
広大な宇宙に存在する天国なる星で暮らせるのです。
これが神が定めた法であり。
神の摂理です
 

 

 

 

 
 
 

集会所

集会所

2016年06月26日 00:00

 

 

 

現代社会において、

自分一人では困難を乗り越えることは大変な事です。

 

1人より2人、3人より4人と力を合わせれば、

困難をも克服できます。

 

宗教は本来、原始宗教が基本です。

今の時代、

 

キリスト教、イスラム教、ヒンズー教等が占めています。

一神教も原始宗教である、多神教に属しています。

 

 

広大な宇宙が意識を有する神の存在なら、

その下に数々の神が存在するのです。

 

例えばキリスト教を考えれば、わかりやすいです。

ヤハウェ(父なる神)その子に、イエスキリストが存在して、

聖霊を合わせて三位一体となり、

三位一体を神として敬っています。

 

神であるヤハウェとともに、

イエスも神と認められています。

つまりヤハウゥも神であり、

イエスキリストも神であり、

多神教の原型でもあるのです。

神殿も神が宿るとされています。

神殿自体、神として敬っています。

多神教に変わりはありません。

 

それはそれで良いと思います。

 

 

 

 

原始宗教は日常の生活に密着しています。

例えば道端に備えられているお地蔵さまにしろ、

道端に備えられている小さなおきものでも、

大切に敬えれば、

守護神に変わりうることもあります。

 

神は、道端の石ころにも、

神の力を注ぎこむことも出来るのです。

 

自分の大切な物や、

親兄妹や亡き人の写真やお守り等も、

手を合わせ敬い祈るなら、

それらも貴方の祈りにより守護神として、

神の力が注がれ、貴方を見守ってくれます。

 

世の中に浮遊する悪霊をも、

追い払うことができるのです。

 

 

 

集会所は、

老人や障害者や子ど達等が、

老若男女問わず。

気軽に生活の一部として使用できる、

集会場の建立です。

 

貴方も一緒に、

悩み悲しみ苦しむ人々や困った人々を救う為にも、

 

既存の宗教では救われない魂を救う為にも、

力を合わせて一緒に、より良い集会所を設けましょう。

 

豪華な聖壇は必要ないのです。

 

豪華な聖壇だから神の力が降り注ぐという事では、

ないのです。

 

自分の大切な物を聖壇に飾り、

それを大切に敬い祈るだけで良いのです。

大切に祈り礼拝するなら神の力が降り注ぎます

 

 

祈り敬う事が一番大切です。

 

 

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

トップへ

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村

 


生き方ランキング

感謝

明神公約(此処をクリックすれば見やすいです)

2016年05月21日 18:49

 

 

 

 

神は光である。

神の光は愛であり、

神の愛は慈愛であり、

慈悲である。

 

 

 

 

 

人は、ひとりでは生きられない、

 

人は、苦しみ、悲しみ、悩み、不安を抱えながら生きている。

 

人々が邪心なく、

支えながら生きることが神の望みでもある。

 

愛は、いつくしむ心、いたわる心、

地獄と言われる地球上で、神が人に与えた光である.

 

祈る時

広大な宇宙の神ヤッハーアラーバーの名を呼び求める者が救われる。

今は新たな時代である。

そしてイエス様・お釈迦様の御名において。

まなぶんおぶこうぜん。

愛汝文御舞神全)

 

 

 

 

一日一回クリックすることで、

御利益が、

授かります。

奇跡の法則。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

フォトギャラリー: 案内